インターンシップ研究会は1999年9月から活動を始めた学生団体です。

(顧問:衆議院議員 野田聖子)

ごあいさつ

少子高齢化に伴う問題は多岐にわたりますが、

当研究会がその中でも一番に注目する問題は「労働人口の不足」です。


働く人材が不足するとは、日本経済の持続的な発展を阻害する大きな要因となりうるものです。

私たちは、これからの社会を担う女子学生ひとりひとりの意識向上のための様々な活動を行っております。

当研究会での活動を通じて、学生のみなさまのこれからのキャリア形成にお役に立てれば幸いです。

関係者各位様には引き続きご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


活動概要

主な活動内容を簡単にご紹介します!

■インターンシップ制度に関する調査研究

・非公開インターンシップ情報発信

・200社からのアンケートの収集と結果報告書の作成

・インターンシップ制度導入時の情報提供(大手電機メーカー等)


■就職セミナーの実施

・就職セミナーの企画:デジタルハリウッドとの共催

・女子学生のための就職情報交換会


■女性向けWebサービス企画

・ECサイト販促に関わるコンテンツ企画

・女性向け転職情報サイトコンテンツ企画

 

■国連環境計画広報支援委員会(活動休止中)

・お台場、富士山でのゴミ拾いイベント企画、運営(富士ゼロックス後援)

・企業の環境への取り組みに関する調査研究活動(環境報告書の分析)

 

■農政・地方創生研究会

 施設栽培セミナー(協力:経産省・農水省、パナソニック、三井不動産、ダイワハウスなど)

 

■野田聖子衆議院議員サポート(メールマガジン発行等)

・野田聖子公式メールマガジン「キャサリン通信」の編集・発行 読者3300名

・議員インタビュー(石破茂議員、茂木敏充議員、後藤田正純議員、海江田万里議員他)

・経営者インタビュー(カルビー松本晃会長、経沢香保子CEO 他)

・選挙活動サポート